第13回鐘門会(3/23)のご案内

鐘門会(しょうもんかい)とは薬剤学講座の出身者と関連の方々による有志の会です。同窓生の皆様には万障お繰り合わせの上、ご参加頂けますようお願い申し上げます。


◆ 慶應薬剤リサーチフォーラム2024

◇日 時 2024年3月23日(土)12:30受付開始、13:00講演開始

◇会 場 慶應義塾大学芝共立キャンパス 1号館地下 中講堂


司会 野口 幸希


13:00-13:10

はじめに

登美 斉俊 (慶應義塾大学薬学部 薬剤学講座 教授)


13:10-13:30(15 + 5 min)

「持続可能な医療のために大学病院の教員として考えていること」

藤田 有美(金沢大学附属病院薬剤部)


13:30-13:50(15 + 5 min)

「公務員薬剤師の業務について」

関口 万智子(川崎市健康福祉局保健医療政策部食品安全担当)


13:50-14:10(15 + 5 min)

「英国留学の学びと気づき」

宮川 慧子(アストラゼネカ株式会社 Medical 本部)


14:10-14:30(15 + 5 min)

「腸内環境に合ったヘルスケアとは」

舟橋 和毅(株式会社 メタジェン)


14:30-14:50 休憩


14:50-15:10(15 + 5 min)

「薬物動態研究所の業務紹介」

明石 知也(田辺三菱製薬株式会社 創薬本部 薬物動態研究所)


15:10-15:30(15 + 5 min)

「病院薬剤師の仕事内容とやりがい」

榎本(鶴見) 彩(東京医科歯科大学病院薬剤部医薬品情報室)


15:30-15:55(20 + 5 min)

「研究成果の社会実装を目指して」

菅沼 名津季

(慶應義塾大学薬学部 薬剤学講座 訪問助教・株式会社bacterico(バクテリコ)代表取締役)


15:55-16:20(20 + 5 min)

「妊婦および胎児の新規薬物治療法開発を目指した胎盤機能の解明」

西村 友宏(慶應義塾大学薬学部 薬剤学講座 准教授)


16:20-16:30 

おわりに

崔 吉道

 (金沢大学附属病院 教授・薬剤部長・大学院医薬保健学総合研究科 臨床薬理動態学分野)


◆ 16:30-19:00 情報交換会(第13 回鐘門会)


会費: 5,000 円 (学生1,000 円、未成年無料)

場所: 学生ホール(食堂) (慶應義塾大学芝共立キャンパス 1 号館2 階)


慶應義塾大学薬学部薬剤学講座

Division of Pharmaceutics, Keio University Faculty of Pharmacy